「ロールオーバー」の是非

「ロールオーバー」・・・証券取引のお話しではありません、もちろんホームページの「ロールオーバー」です。
この場合の「ロールオーバー」とは、マウスポインターを上に乗せたとき、画像が入れ替わる動作のこと。

「ロールオーバー」については、その必要性の是非についていろいろ言われてきました。
「ロールオーバー」を組み込む際は、多くがリンクを設定している場合。つまり、「ここでクリックするとリンク先へ遷移する」という案内的要素を持たせることができます。ビジュアル的な効果はともかく、そういう意味でも当社では「ロールオーバー」をお奨めしています。
画像だけでなくテキストの場合も同様です。テキストの特定箇所からリンクを設定している場合は、CSSで”アンダーライン”や”色を変える”等の配慮が必要だと考えます。リンク箇所ではマウスポインターが変わりますが、リンクされていることをはっきりと明示するためにも、「ロールオーバー」は必要だと考えています。