猛暑対応型ECサイト・・・?!

EC

9月に入っても35度以上の猛暑が続く各地ですが、今夏の暑さは記録ずくめだったそうですね。
札幌でもお盆過ぎにもかかわらず、30度以上の真夏日が続いてます。

東京都心から少し離れた郊外では、日中の人影がほとんどありません。
暑い日中は家に・・・買い物などで出かける際は、夕方から夜というパターンです。
これも熱中症から身を守る上で有効な手立てでしょうね。

昼間の店内・・・どこもガランとしてます。(北海道外のお話し・・・)
それでも営業中ですから、冷房も照明もすべて稼動・・・
いっそのこと日中は営業を休み、早朝と夕方から深夜にかけての営業に変えた方が良いのではとさえ思います。
日中の電力消費も減りますし。
毎年こんなに暑い夏だとホントにこんな営業時間が始まるかもですよね・・・

それと年配の方だとクルマを運転しなかったり、熱中症にかかりやすいなどリスクがより大きいもの。
毎日の食料品、日用品などでインターネットを利用したネットショッピングが増えるかもです。
ますます進む高齢化社会において、極めて狭い範囲に限定した地元密着のECサイトです。

首都圏では、こんな“猛暑対応型ECサイト”の立ち上げが必要かもしれません。
従業員も日中はネット販売に従事し店舗は休業、ネット販売が一段落した夕方から店舗営業と。。。

大手流通では似たようなことを既にやってますが、これはむしろ地域に根ざした中小にやって欲しい。
大手のような一律なサービスではなく、地域の事情に即したきめ細かいサービスで。

※「猛暑」・・・最高気温が35度以上