SEOは、「基本」+「傾向」・・・今後は「傾向」が重要!

検索エンジンが推奨するサイトのあり方は、SEOの「基本」です。
先ずはこの基本をしっかり押えておくことが肝心。推奨する内容の詳細は、各検索サイトに公開されていますので、誰にでも見ることができます。この基本の内容は、制作会社でなくても誰にでも出来ますので、ぜひお試しください。
弊社のようなホームページ制作会社では、通常ここまでの内容は制作に反映しています。
しかし、如何せん誰にでもできる内容でSEOと謳うには、プロの制作会社としては少々お粗末です。これではお客様からSEO代金はいただけません。
また、このレベルのSEOとしては、今や多くのサイトが既に導入済み。従って「どんぐりの背比べ」状態になってしまい、SEOとしての効果は期待できなくなってきました。
・・・と、ここまでが、SEOの「基本」。

では、SEOの「傾向」とは、いったいなんでしょう・・・
既にご存知の方も多いと思いますが、検索結果の順位はそれぞれ独自の「アルゴリズム」で決定されます。このアルゴリズムは、各検索エンジンとも”完全非公開”、しかも頻繁に変化しています。
同じキーワードでも、日によって順位に小さな変化が出るのはこれも原因です。他にも検索エンジン側の運用サーバーによる違いもあります。数ヶ月一回程度、順位に大きな変動がありますが、これはアルゴリズムに大きな変化があった場合です。
刻々と変化する目に見えないアルゴリズムをいかにして検証・分析し、傾向として掴みきれているか、さらにそれらを生かして反映していくことが本当のSEOであり、制作会社としてのSEOノウハウになります。
今までは、「基本」のSEOでもある程度の効果が出ていましたが、昨今のようにSEOを施すサイトが溢れてきて一般化してくると、基本のSEOだけでは「横一線」に並ぶ結果となり、検索順位に反映されなくなってしまいます。

弊社では10年以上に渡りSEOを研究してきております。例えばSEOに有利と言われる「ブログ」も様々なスタイルを想定し、SEO的にどのような効果がもたらされるか実地検証してきました。
「基本」のSEOは比較的カンタンにできますが、「傾向」は『一朝一夕』というわけにはいきません・・・。

SEOは、実に奥の深い、しかも永遠に完成しない技術です。